Home >  About Us「GPFとは」

About Us「GPFFとは」

経緯・概要

 グローバル・ピース・ファウンデーション (Global Peace Foundation: 略GPF)は人種、宗教、国籍、文化の壁を越えた共通のアイデンティティ“One Family Under God (ワンファミリーアンダーゴッド)”のビジョンを掲げ、平和構築のプログラムを推進しています。アメリカのワシントンDCに国際本部(2009年設立)があり、世界15カ国の支部が各地域におけるプログラムとパートナーシップを展開しています。
 GPFのプログラムは文化や宗教を超えた協力関係の構築、家庭とコミュニティの強化、平和と奉仕の文化の拡大を目指し、その成果を祝賀するフェスティバル を開催します。 また、グローバル・ピース・リーダーシップ・カンフェレンス(GPLC)やグローバル・ピース・コンベンション(GPC)では、各界リーダーが平和に向けて討議し、成功 事例を共有する場を提供しています。
 日本では2012年6月2日、東京で開催されたGPLCを契機に、日本支部として一般社団法人グローバル・ピース・ファウンデーション・ジャパン(GPFJapan)が設立されプログラムを推進しています。
 
 これまでの活動は年次報告書をご覧ください。(2015年度2014年度2013年度

このページのトップへ

3つのテーマ

GPFでは、平和の実現のためには以下の3つの視点が重要であると考えます。

(1)Interfaith Partnerships:文化や宗教を超えた協力関係の構築

「違い」を容認しあう相互理解から、共通のアイデンティティにもとづく協力関係へ。よりよい社会に必要なスピリチュアルなコンセンサスを形成します。

read more

img_aboutus_three01-01

(2)Family:家庭とコミュニティの強化

異なるバックグランドを持った男女が出会い、お互いを尊重しながら夫婦となり、次世代を担う子どもを育てていく家庭は、まさに平和で持続可能な社会のモデルです。家庭の価値の再認識が願われています。

read more

img_aboutus_three02-01

(3)Service:平和と奉仕の文化の拡大

奉仕の文化なくして、平和の文化は形成できません。個人や組織が社会的責任を意識した行動を取り、他者に貢献する文化を拡大していきます。

read more

img_aboutus_three03-01
このページのトップへ