HOME >  Global Peace Conventionでの教育イノベーションのセッション紹介

Global Peace Conventionでの教育イノベーションのセッション紹介2017.06.16 | 

1703hub01

 2017年3月に実施されたGlobal Peace Coventionの中では、教育のイノベーションに関するセッションがありました。

 そこでは、グーグル、サムスン、インテル、シスコ、エアテルネットワーク、富士通などの世界的な企業がパートナーシップとして協力し、開発・運営しているプログラムが紹介されました。起業家のための経済やビジネスではなく、青年たちのための教育プログラム「Leap Hubs」です。

1703hub02

 このプログラムは、学生たちが様々なアイディアを創出しリーダーシップを発揮して、将来の社会をより豊かにするための起業方法や、社会的企業などを開発できるよう支援しています。

1703hub03

 また、このセッションには、他にも次のような内容がテーマとして開かれました。


「人格と創造性を通した教育成果の変化」

「教育の本質の再定義」

「起業家精神とリーダーシップ、そしてデジタル教育を通した価値の創出」

「深く継続的な変化のための革新的な事例の拡散」


 GPFのトニー・ディバイン教育担当副会長は、Leap Hubsをはじめとする企業が社会機関や政府と協働して運営しているプログラムを紹介し、「教育は単純に知識を伝達するのではなく、自らの価値を実現することだ」と強調しました。

1703hub04
 将来の成長動力は若い世代の豊富なアイディアから始まるという点で、教育革新セッションは青年たちのアイディア創出と実行力を支援する様々な方法を提示した場となりまた。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。
このページのトップへ