HOME >  12月フィリピンのオールライツ・ビレッジ・プロジェクト支援ツアー募集案内と申込書が更新されました

12月フィリピンのオールライツ・ビレッジ・プロジェクト支援ツアー募集案内と申込書が更新されました2012.10.11 | 

 12月26日から29日に予定されているフィリピンでのオールライツ・ビレッジ・プロジェクト支援ツアーの募集案内と日程が更新されました。本ツアーの現地旅行会社がHISマニラ支店に決定したため申込方法も変更いたしました。つきましては、新しい「案内書・日程」はコチラから、「申込書」はコチラからダウンロードしてご利用下さい。また、お申込みの際には、「現地手配旅行取引条件及び旅行条件書」をコチラからダウンロードして必ずお読み下さい。参加人数に限りがありますので、皆様の早めのご応募をお待ちしています。 尚、「書類一式」を郵送で希望される方は、電話03-6416-5435、ファックス03-6416-5436 または Eメール ygondo@gpf.jp で、「フィリピン支援ツアー書類一式を郵送で希望」とご連絡下さい。

 

<参加者募集のご案内>

 オールライツ・ビレッジ・プロジェクトとは、電気のない途上国の村に太陽光で充電できるLEDライトを寄贈するものです。子どもたちが夜も勉強できる環境を提供することで、将来自分たちの力でコミュニティの発展を促進できる可能性を広げることを目指します。

 フィリピンン・ソサエティ・イン・ジャパン名古屋チャプター(PSJNC)が日本で寄付金を集め、フィリピンで住宅建設をしているNGOガワッド・カリンガ(GK)とボランティア団体のアルファ・ファイ・オメガ(APO)が、フィリピン・ラグナ州サンタクルス市で住宅建設を行った場所がプロジェクトサイトです。今回のツアーで、69家庭にLEDライトを寄贈します。現地は、GKのスタッフがコミュニティの発展を継続的にモニタリングしています。

 また、去年の東日本大震災で惜しみない援助をしてくれたアジア諸国への「お返し」プロジェクトとして参加を呼び掛けています。皆さんの参加と支援によって、彼らのコミュニティ発展を支援していきましょう。

(写真左:LEDライトを使って勉強する小学生、中央:建設支援に参加した日本人ボランティア、右:プロジェクトサイト(ラグナ州サンタクルス市)

太陽電池で充電可能なLEDライト

 

 

1.日 時 :12月26日(水)~12日29日(土) 現地集合・現地解散になります

2.目 的 :コミュニティ発展のための支援ツアー

3.募集対象:

    • オールライツ・ビレッジ・プロジェクトの目的に賛同し、全スケジュールに参加できる方
  • 中学生以上 (18歳未満の方の参加には保護者の同意書が必要となります)
  • 暴力団、反社会団体の所属など、参加不適切と判断した場合、参加をお断りする場合があります

4.募集人員:30名 (当法人スタッフと日本語ツアーガイドが同行します)

5.訪問先: フィリピン共和国ラグナ州サンタクルス市  詳細は別紙の日程をご参照ください。

6.宿泊先:リザル・リクリエーション・センター(ラグナ州)、マイクロテルホテル(マニラ)

7.食事条件 :12月26日の夕食から12月29日の朝食までの食事があります。

8.旅行代金 :8万円 (振込口座はお申込み後にHISマニラ支店からお知らせ致します)

現地までの往復航空券、海外旅行保険代などは旅行代金に含まれません。各自にて手配をお願い致します。なお、現地旅行会社のHISマニラ支店でも手配承りますので、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

9.申込締切日 :12月14日(金)

11月9日(金)以降のお申込みになりますと、12月28日のマニラ宿泊がマイクロテル・マニラとは違う場所になる可能性がありますので、お早めにお申込みください。

10.申込方法  :所定の申込書を下記のHISマニラ支店までEメールもしくはファックスにてお送りください。

<旅行のお申し込み・お問い合わせ先>

H.I.S.(PHILIPPINES) TRAVEL CORP (HISマニラ支店)

2F SERENDRA – Shopping Arcade Serendra,

Bonifacio, Global Taguig City, Metro Manila,
TEL: +63-(0)2-915-0351 to 52 / FAX: +63-(0)2-915-0354

E-mail:shibata@his-manila.com

担当: 柴田

<募集内容に関するお問い合わせ先>

一般社団法人グローバル・ピース・ファウンデーション・ジャパン

東京都渋谷区恵比寿西1丁目3番11号 belle恵比寿5F

TEL: 03-6416-5435 / FAX: 03-6416-5436

E-mail:ygondo@gpf.jp

担当:権藤

<オフィシャルパートナー>

フィリピンン・ソサエティ・イン・ジャパン名古屋チャプター(PSJNC)


【現地プロジェクトパートナー】
ガワッド・カリンガ(GK)


アルファ・ファイ・オメガ(APO)


オールライツ・ビレッジ・プロジェクト支援ツアー

旅  程

(2012年10月4日時点の日程です。変更の可能性があります)


12月26日 (水)
  マニラ・ニノイアキノ国際空港に到着
  ラグナ州リザル市へバスで移動
  リザル・リクリエーション・センターにて宿泊

(写真・左:リザルリクリエーションセンターのゲストハウス(宿泊場所、中央:美しい自然に囲まれた売店建物、右:泉の水を利用したプール)

  

12月27日 (木)
  オリエンテーション
  サンタクルス市のプロジェクトサイト訪問
  ラグナ州サンタクルス市リーダーとの交流
  現地家庭へのLEDライトの寄贈式
  現地家庭との交流
   リザル・リクリエーション・センターにて宿泊

(写真左:サンタクルス市のプロジェクトサイト、中央:GK現地スタッフにLEDライトサンプルを寄贈、右:PSJNC,GK、APOの支援によって建てられた住宅)


12月28日 (金)
   サンパブロ市にて観光(サンパロック湖、パンディン湖)
  カブヤオ市の日本人老人施設の訪問
   マニラへ移動
  モール・オブ・アジアでショッピング
   マイクロテル・マニラにて宿泊

 

(写真左:サンパブロ市のサンパロック湖、中央:パンディン湖の水上レストラン、右:日本人老人施設ローズプリンセスホーム)

(写真左:アジア最大級のショッピングモールSMモールオブアジア、右:モールオブアジアに隣接するマイクロテル・マニラ・ホテル)    


12月29日 (土)
  マニラ・ニノイアキノ国際空港から帰国


オールライツ・ビレッジ・プロジェクト紹介ビデオを下記の写真をクリックしてご覧下さい。

 

マリ・マヤン・ニヘイさんのよるプロジェク紹介ビデオ


フィリピン・ソサエティ・ジャパン名古屋チャプター(PSJNC)代表のスーザン・デオノ・ラセットさんのプロジェクト紹介


カトリック教会のガウデンシオ・ロザレス枢機卿(マニラ名誉大司教)のプロジェクトへの激励メッセージ

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。
このページのトップへ