HOME >  北東アジアみらいプロジェクト講演会を開催します

北東アジアみらいプロジェクト講演会を開催します2020.01.25 | 

 北朝鮮に対する非核化交渉、日韓に横たわる国際法上の様々な問題。北東アジアを取り巻く情勢は依然として、複雑な背景が前提となり、解決の兆しが見えていません。
 また、そのような中で、先日大きなニュースとなった、イラン革命防衛隊司令官殺害事件は、国際的にはもちろん、アメリカの軍事力の具体的な行使の可能性を北朝鮮の金正恩委員長に認識させ、北東アジア情勢が再び転換する一つの契機となる可能性も示唆しています。

 激変する北東アジア情勢に対して、目下の様々な事象に対応する国力とともに、私たちにおいては、日韓関係、北東アジアの国々との関係を俯瞰し、中長期的な展望を考え続けることが大切でしょう。

 そこで、今回、2月に開催する北東アジアみらいプロジェクト勉強会では、東アジア総合研究所理事長である、姜英之(カン・ヨンジ)先生をお迎えし、講演をいただきます。
 姜先生は、大阪市生まれの在日韓国人二世で、1972年大阪市立大学経済学部卒業後、新聞・雑誌編集のかたわら韓国経済を中心にアジア経済について研究、評論活動を進めてこられました。1991年に東アジア総合研究所を設立し、理事長として、政治・経済・文化と行った総合的な視点から、北東アジアを共同体としての未来のビジョンを研究、発信してこられました。

 今回は、「朝鮮半島の行方-米朝非核化交渉の展望」というテーマでお話を伺います。
 北朝鮮の生命線とも言える核ですが、今後どのように対応が進められていくのか。これからの展望を知るのに大きな参考となるでしょう。

日時:2020年2月15日(土)14:00~16:30(受付:13:30~14:00)
場所:江東区中川船番所資料館 会議室(〒136-0072東京都江東区大島9-1-15)
   アクセス→ https://www.kcf.or.jp/nakagawa/access/
テーマ:「朝鮮半島の行方-米朝非核化交渉の展望」
講師:姜英之(カン・ヨンジ)氏 (東アジア総合研究所理事長)
参加費:1,000円
参加希望者は、件名に「2月15日講演会参加希望」とご記入の上、氏名、所属を記載し、khanda@gpf.jp(担当:飯田)までメールをお送りください。

 多くの方々の参加をお待ちしております。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。
このページのトップへ