Home >  Program「日本での取り組み」 >  1.日本国内の多文化共生の推進

1.日本国内の多文化共生の推進

出入国在留管理庁によると、2021年末の在留外国人数は276万635人。総人口に占める割合は約2%になります。新型コロナウイルスの影響で減少していた訪日外国人観光客もこれから少しずつ増えていくことが予想されます(コロナ前の2019年は年間3188万2049人)。

また、少子高齢化が進み、生産年齢人口(働き手)が減少している日本は、2018年に「出入国管理及び難民認定法」(いわゆる「入管法」)を改正し、さらに海外からの労働者を受け入れていく政策を進めています。

その一方で、在留外国人(特に技能実習生)と日本人の間や、出身国ごとのコミュニティを超えた交流はまだまだ不十分であり、日本人の中での排外主義的な言説も少なくありません。

私たちは、お互いの多様性を尊重しつつも、違いを超えた共通のアイデンティティとビジョンを共有するという新しい多文化共生の在り方を提示するため、以下のような事業を行っています。

■多文化おもてなしフェスティバル(Multicultural One Family Festival)
日本国内の様々な外国人コミュニティのリーダーたちが実行委員会を作り、2015年から年一回、文化交流のためのフェスティバルを開催しています。
それにあわせ、在留外国人が抱える課題や日本社会への提言を当事者が自ら議論し、発信していくフォーラムやワークショップも行っています。

■多文化共生による地域コミュニティ発展に関する調査研究
多文化共生のパワーによって、地域産業やコミュニティの発展に貢献している成功事例を紹介し、その拡大に貢献します。

このページのトップへ

ニュース一覧

オンラインセミナー「多文化共生社会を考える~国際交流協会の現場から~」を行いました(2022.10.27)

 10月22日に、多文化共生の現場で長年、自治体の多文化共生施策に関わって来られ、2015年には東京都多文化共生推進委員も務めた、石綿晃さんをお招きし、オンラインセミナーを開催しました。

read more

「2022稲刈りカップ、特別講演&音楽会」に参加・協力しました(2022.10.24)

 10月8日に宮城県気仙沼市にて、「2022稲刈りカップ、特別講演&音楽会」が開催されました。これは2013年から始まった東日本大震災復興のためのイベントで、GPFJapanは発足当初から参加・協力をしてきました。

read more

【インタビュー:多文化をチカラに⑦】 マトリョーシカ(ロシア料理店)(2022.10.24)

 My Eyes Tokyoの協力のもと、日本で活躍する外国にルーツを持つ方々へのインタビューを紹介していきます。今回は、ロシア料理店「Matrëshka」の経営者であり、ウクライナにルーツを持つステッツク・アナスタシアさんと、共同経営者である娘のダイアナさんです。

read more

このページのトップへ