HOME >  ネパール支援のためのチャリティコンサートを行います

ネパール支援のためのチャリティコンサートを行います2015.05.06 | 

 ネパールの大地震で被災された方々を支援する在日フィリピン・コミュニティによるチャリティコンサートが5月23日(土)神奈川県川崎市で開催されます。多くの方々のご参加をお待ちしてます。

 今回のネパールを襲った大地震は7千人以上の人々の命を奪いました。いまだにその被害の実態は明らかになっていません。震災直後、GPFNepalはアジア太平洋平和開発サービス・アライアンス(Asia-Pacific Peace and Development Service Alliance/APPDSA)と協力し200名を超える大学生等で構成されるボランティアチームを組織し、被災地の支援にあたっています。
 APPDSAは昨年10月タイ・バンコクの国連会議場で国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)、ユネスコ、GPFが共催したフォーラム内で発足。同フォーラムで防災・減災の分科会をリードしたニュージーランドのStudent Volunteer Armyの創設者サム・ジョンソン氏(26歳)は、甚大な被害を受けたカトマンズに駆けつけGPFNepalとともにボランティア学生の訓練を実施しました。

支援物資を配付するボランティア(青ジャケット)

支援物資を配付するボランティア(青ジャケット)

看護学校学生もボランティアに加わり被災民をケア

看護学校学生もボランティアとして被災民をケア

150506nepalcharity_3 150506nepalcharity_4
150506nepalcharity_5 150506nepalcharity_6
Student Volunteer Armyの創設者サム・ジョンソン氏

Student Volunteer Armyの創設者サム・ジョンソン氏

 この被災地でのボランティア活動を支援することを決めた埼玉在住のフィリピン人の中下直実氏(旧姓Vergal Sansano)は、昨年からGPFJapanのボランティアとしてフィリピン支援を在日フィリピン人の小倉ノエミさん等と共に積極的に行ってきました。今年3月22日には埼玉県熊谷市で「裸足の子に一足の靴を」チャリティコンサートを企画・監督し、7月には200足の靴を現地に送る予定です。

150506nepalcharity_8 150506nepalcharity_9

中下直実氏(左)と小倉ノエミさん(右)がコンサートの目的を説明(3月22日) フィリピン人のバンド演奏

 プロジェクトを主導した中下直実氏は、今回のネパールの被害の大きさに心を痛め、直ちにチャリティコンサート“Songs for Nepal”を計画しました。5月23日(土)川崎市国際交流センター・ホールで午後1時開場、午後1時半~4時半の開催となります。コンサートで集められた支援金はGPFNepalに送金し、現地のボランティア活動の支援のために使われます。

 チャリティコンサート“Songs for Nepal”は当日ドネーション・チケット千円で入場できます。また、“Songs for Nepal”の被災地支援の寄付金も下記口座にて受け付けています。寄付金の振込みをされた方は、ご面倒ですが、info@gpf.jpまでご氏名と振込額ともに「ネパール支援で送りました」と送信お願いします。

 お問合せは、担当:小倉ノエミ info@gpf.jpまでお送り下さい。
 なお、ネパールの被災地でのボランティア活動の様子は“Rise Nepal”のフェースブック(www.facebook.com/risenepal72)でアップデートされています。

<寄付金のお振込口座>
1. ゆうちょ銀行
口座番号: 00130-0-790645
加入者名: Filipino Volunteers
2. 三井住友銀行
店名: 恵比寿支店656
普通口座: 8840960
口座名:一般社団法人グローバル・ピース・ファウンデーション・ジャパン FILIPINO VOLUNTEERS

150506nepalcharity_10

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。
このページのトップへ