HOME >  GPFアメリカが主導、ネイティブアメリカンと非ネイティブアメリカンの間に架け橋を築くコミュニティ間調整プロジェクト

GPFアメリカが主導、ネイティブアメリカンと非ネイティブアメリカンの間に架け橋を築くコミュニティ間調整プロジェクト2020.11.14 | 

 2019年の10月にグローバル・ピース・フォーラムで紹介されてからほぼちょうど1年後、モンタナでのクロスコミュニティ和解(CCR)プロジェクトは、世界的なパンデミックに直面しながら、2020年10月28日に終了しました。

ディスカッションの様子

ディスカッションの様子

 CCRの紹介動画はコチラよりご覧いただけます。

 文化の違いを超えること、また、コミュニティをベースとしたこのユニークな取り組みは、本当の意味での協働がなされなければ達成されません。このプロジェクトには、ビリングス地域における多様なバックグラウンドを持った利害関係者、ファシリテーターなどの参加者が関わっていました。

 GPFの地域ディレクターであるマイク・ヤカウィッチ氏は、ネイティブ/非ネイティブのファシリテーターたちと協力して、モンタナ地域への平和構築作業を導入しました。 彼らは一緒にミッションステートメントを考案しました。
「私たちの責任は、人種差別を減らし、共感と理解を高めるため、コミュニティ間に橋を架け、友情と相互尊重を強化し、多様なコミュニティへの信頼を築くことです」

 ビリングス市、及びその周辺地域の利害関係者は、1年間を通じて、プロジェクト資金、スタッフ、および会場など寛大なサポートを提供しました。 コミュニティパートナーとして、Riverstoneヘルス、Native American Development Corporation、Rocky Mountain Tribal Leaders Council、Montana Rescue Mission、Alternatives Inc.、P66、Dr。BobWilmouth Rocky Mountain College、Eastern Area Service Authority、Walla Walla University、The United Way 、およびCLDI(Community Leadership Development Inc.)が参画しました。

 モンタナ州ビリングス市のビル・コール市長は閉会セッションで次のようにコメントしています。「これはコミュニティが主導する平和構築へのユニークなアプローチであり、その可能性は非常に励みになります。 今年のCCRプロジェクトに関するレポートを聞いた後、私は皆さんが成されたことに感激しました。

 ビリングス市の地元コミュニティの2人のネイティブアメリカンと2人の非ネイティブ居住者を含むグループファシリテーターのための数ヶ月の準備とトレーニングをした後、2020年2月にネイティブアメリカンと非ネイティブアメリカンの2つのグループで最初の会議を開催しました。

 このような機会は、地元のネイティブアメリカンの指導者から深い洞察と歴史を見る視点を受け取る機会を与えられる一方で、彼ら自身の偏見とステレオタイプを探求することを可能にしました。また、別々のグループでの会合では、参加者は最初に平和構築の初歩的な視点を学ぶことができました。それは、「私たちは人類一家族の一員である」という価値観を通じて、アイデンティティに基づく対立を解決し、連帯と社会的結束を生み出す、ということです。

 COVID-19パンデミックの不確実性と闘いながら、医療従事者や親、教師も含む参加者は、このプロジェクトの重要性を強調し、延期やキャンセルをせずに、適切な安全対策が講じられるまでオンラインで会議を継続しました。 その後、コミュニティでは、ソーシャルディスタンスの確保された広い会議エリアが提供され、適切な処置のもと、2つのグループは2020年9月に会うことのできる環境が整えられました。

COVID-19の中、ソーシャルディスタンスを設けミーティングを実施するコミュニティのメンバーたち

COVID-19の中、ソーシャルディスタンスを設けミーティングを実施するコミュニティのメンバーたち

「COVIDのせいで、私たちが望んでいた方法で参加することはできませんでした。しかし、一緒にいるとき、誰もが共有し、オープンで、興奮し、そして従事することをいといませんでした」とある参加者は語りました。

 ファシリテーター、参加者、ゲストスピーカー、プログラムに関わったすべての人が、プログラムが「目を見張る」体験であったと言いました。ネイティブアメリカンの扱いについての悲惨な歴史が彼らに世代を超えてもたらしたトラウマを知ったある参加者は「私たちは過激なトピックについて話していますが、私たちは完璧ではないことを知っています。そして、私たちが真摯に取り組む限り、必ず違いを作ることができます」と語りました。

 別の参加者は、「このプロジェクトへの参加はとても楽しかったです。私たちは、私たち全員がテーブルに立つに値するのを助けるために、そして生産的な対話に関わる機会を与えるために感じています」

 ネイティブグループのファシリテーターであるJosiahHugs氏は、このプロジェクトに熱心に長期的に参加している理由を次のように話します「他の世代が私たちが成し遂げたことから恩恵を受けるため、私はこのプロジェクトに参加しました。まだ生まれていない子どもたちが、私たちのプロジェクトの恩恵を受けるでしょう」

 CCRプログラムのネイティブアメリカンのリーダーであり強力なサポーターであるAdaBends氏は、参加者に次のように語っています。「あなたは新しい世界を創造しています。 あなたには、創造し、癒し、そして大使になる機会があります。 私たちは人生の経験をもたらしています。 私たちは、知性、情熱、そして何よりも私たちの愛に喜んで貢献する必要があります。 愛には境界がありません。 私たちはお互いに思いやりを持ち、私たちの世界の精神性とつながる必要があります」

メッセージを語るAde氏

メッセージを語るAde氏

 ファシリテーターと参加者は、その過程で友情を育み、専門家のネットワークを拡大するだけでなく、さらに重要なことに、家族の定義とコミュニティであることが何を意味するのかを明らかにしました。

 ある参加者は、「このプロジェクトは生産的であり、コミュニティ内の文化的問題について話す際に文化的グループ間で魅力的であると感じています」と語り、 また、他の参加者は非常に励みになった様子で「私たちはたくさんの良い会話をしました。私たちはお互いに話し、お互いが素晴らしい気分になりました。 私たちは家族になりました」と述べました。

 2020年10月の最終ミーティングで、CCRグループ全体が、ビリングス地域とモンタナ地域を橋渡しするために継続的な取り組みが必要であると認識し、パンデミック状態が緩和されたら共同の取り組みを継続する予定です。このグループは、2021年1月に再び会合を開き、ネイティブ参加者と非ネイティブ参加者が共同で作成し、実践できるコミュニティを改善できる潜在的なサービスプロジェクトについて話し合う予定です。


前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。
このページのトップへ