HOME >  オンラインセミナー「東アジアを構築する新しい人間観」の第2回目を実施します

オンラインセミナー「東アジアを構築する新しい人間観」の第2回目を実施します2021.04.12 | 

210508onlineworkshop

 5月8日(土)午後7時(日本時間)より、京都大学教授の小倉紀蔵氏をお招きし「東アジアを構築する新しい人間観」オンラインセミナー第2弾を開催いたします。
 3月27日の同氏のオンラインセミナーに引き続き、アイデンティティの違いの目立つ東アジア諸国が「まとまり」をもつための視点について語って頂きます。

 ご参加のお申し込みは下記のオンラインフォームにて5月7日(金)までにお願い申し上げます。
 https://ws.formzu.net/dist/S30814639/

テーマ:「東アジアを構築する新しい人間観」 
 違いを認め合って「まとまり」をつくることができるか
① 東アジア諸国のアイデンティティの違い
② アイデンティティとコンセプトの融合
③ 多重主体主義について
講師:京都大学教授 小倉紀蔵氏
日時:5月8日(土)午後7時~8時半 (質疑応答30分間含む)
場所:オンライン(Zoomウェビナー)
※セミナーはZoomウェビナー方式ですので、参加者の音声と映像は出すことはできませんが、Q&Aボタンから講師へ質問を提出することが可能です。時間が許す範囲でお答えして頂きます。

【小倉紀蔵氏プロフィール】
1959年、東京都生まれ。1983年、東京大学文学部ドイツ文学科卒業。電通に入社後、韓国に留学。1995年、ソウル大学校哲学科大学院東洋哲学専攻博士課程単位取得。東海大学外国語教育センター講師/助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科助教授/准教授を経て、2012年4月から京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専門は東アジア哲学、比較文明論。NHK教育テレビハングル講座講師、日韓友情年2005実行委員等を歴任。主な著書:『歴史認識を乗り越える 日中韓の対話を阻むものは何か』(講談社)、『日中韓はひとつになれない』(角川書店)、『朱子学化する日本近代』(藤原書店)、『東アジアとは何か<文明>と<文化>から考える』(弦書房)、『朝鮮思想全史』(筑摩書房)

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。
このページのトップへ