HOME >  GPF フィリピンと SM Cares が第 10 回グローバル ユース サミットを主催

GPF フィリピンと SM Cares が第 10 回グローバル ユース サミットを主催2022.09.22 | 

8 月 12 日、フィリピンでグローバル ユース サミット(以下、GYS2022)が開催されました。GPFと SM Cares が後援するグローバル ユース サミットは、フィリピン全土から何千人もの若者のリーダーが集まり、未来を設計し、リーダーシップ スキルを発展させ、 より良い社会を作っていくと言うメッセージを発信しました。

GYS 2022は、Consuelo Foundation、ネスレ フィリピン、Levi’s、Fuji Suiso、フィリピン NSTP エデュケーターズ アンド インプリメンターズ インクが後援。フィリピン最大の電気通信企業であるPLDT が通信事業者の公式パートナーとなり、当日は著名な専門家が多数講演を行い、青少年に影響を与える今日の最大の問題のいくつかについて有意義な議論を促進しました。

GYS2022には約2,000 人の若者が会場で参加した

ダバオにある SM ラナン プレミアの SMX コンベンション センター で開催されたGYS2022は、Zoom でも配信されました。 .

SM Cares とGPFフィリピンによって毎年開催される GYS は、全国から何千人もの学生と若者の指導者を集め、若者に関連する問題に対処する際、彼らが協力し、互いに学ぶ機会を提供することを目的としています。今回は、持続可能性、男女の平等、メンタルヘルス他、多くのトピックが議論されました。

GYS2022 の入り口で写真撮影をする参加者

SMケアーズ・フォー・チルドレン・アンド・ユースのプログラム・ディレクターであるロイストン・カブニャグ氏は、イベント中のスピーチで次のように述べています。
「GYS は、インスピレーションを与え、刺激を受けるための手段です。 GYS は、若者が学び、アイデアを共有し、多様なスキルを活用し、ローカルおよびグローバルの両方で新しいネットワークを作成するためのプラットフォームです」

また、GPFフィリピンの評議員であるフロリダ ラブゲン博士は、「過去 10 年間の GYS は、パンデミックの時代でも問題に対処し、他の人々とつながることができるように、若者を育成し、変革するよう促してきました。 GYS はまた、この産業革命の時代に適応するために、道徳的で革新的なリーダーシップを開発するというプログラムの目的を支援してきました」と、基調講演で述べました。

GYS2022にて登壇するカデット ガール スカウトのヘーゼル ジェーン アナティング氏

サウスコタバト評議会の 2020 年全国優秀ガール スカウト、カデット ガール スカウトのヘーゼル ジェーン アナティングは、持続可能な開発における男女平等の重要性を強調しました。ネスレ フィリピンの上級副社長である Jose T. Uy III 氏は、消費者がプラスチック汚染に対処するために貢献できるさまざまな方法について話しました。

Consuelo Foundation のパートナーシップおよび開発マネージャーである Minnie Salao 氏は、GYS2022における受賞者にお祝いのメッセージを送りました。
また、Mind You Mental Health Systems の上級心理学者である Dr. Rea Celine Villa 氏は、誰もがメンタルヘルスをケアできる方法に焦点を当てました。

PLDT, Smartのアシスタントバイスプレジデント兼ステークホルダー管理責任者の Stephanie Orlino 氏は、技術を通じてフィリピン人を能力づける自社のさまざまな新しい取り組みを共有しました。 Metaフィリピンの戦略的パートナーシップ リーダーであるアンナ・ロドリゲス氏は、共通の目標を達成する上でのパートナーシップの重要な役割を強調しました。

国際レスキュー専門家のテッド・エスゲラ博士は、持続可能な都市とコミュニティについて講演しました。 最後に、USAID エナジー・セキュア・フィリピンのコミュニケーション マネージャーであるパトリシア・サルバネラ氏は、エネルギー効率と節約の重要性について説明しました。

Mind You Mental Healthの 登壇者の Gab Valenciano、Yassi Pressman、Nadine Luster も参加者に動画でメッセージを届けました。 イベントはその後、Bandang Lapis によるライブ パフォーマンスをフィーチャーした GYS ユース フェスティバルで締めくくられました。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。
このページのトップへ