HOME >  コラム

コラム一覧

新型コロナウイルスが浮かび上がらせた社会の分断と格差2020.04.25 | 

 今回取り上げたいテーマは、「アイツはコロナに感染しているかもしれない」という恐怖や不安からくる様々な差別と、反ロックダウン(都市封鎖)運動に象徴される格差の問題です。

read more

NYtwitter3
アイデンティティは紛争の原因なのか?2020.01.25 | 

 皆さん、『サピエンス全史』という本をご存知ですか?
 世界的なペストセラーで、ビル・ゲイツやザッカーバーグの推薦文が載った帯の本を本屋で見かけた方も多いのではないでしょうか。筆者のユヴァル・ノア・ハラリはイスラエル人で、2018年のダボス会議で基調講演も行いました。現在の代表的な知識人と言えるでしょう。

read more

21lessons
グレタさんは好きですか?2019.12.25 | 

 スウェーデンの「環境少女」ことグレタ・トゥーンベリさん(16歳)が『Time』誌が選ぶ2019年の「今年の人」に選ばれました。同紙が1927年に「今年の人」の選出を始めて以来、最年少の受賞です。
 グレタさんは気候変動の危機を訴えて昨年夏に一人で「学校ストライキ」を開始。活動はソーシャルメディアなどを通じて世界中に広がり、今年9月には世界で400万人以上が参加した抗議デモも行われました。

read more

img_5b3bba61a2f86ea7965c5f832c2bad8f159841
おひとりさま社会に向かうニッポン2019.11.25 | 

 この原稿を書いているのは11月22日。「いい夫婦の日」です。「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」というのがあるんですね。

read more

logo
「フィルターバブル」って知っていますか?2019.09.25 | 

 皆さん、日々Googleで検索していると思いますが、その検索結果が人によって違うということをご存知ですか?また、FacebookをはじめとするSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)においても、タイムラインに流れてくる情報は一律ではありません。

read more

41Le2d7nWiL._SX340_BO1,204,203,200_
理想から逆算する~国際社会における最近の目標設定のしかた2019.07.25 | 

 皆さん、「SDGs」という言葉をご存知でしょうか?「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略です。SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

read more

0001
家族を社会はどう支えるのか?2019.06.25 | 

 5月28日の朝、川崎市の登戸駅付近の路上で、私立カリタス小学校のスクールバスを待っていた児童や保護者らが近づいてきた男性に相次いで刺され、2名が死亡、18名が負傷する事件が起こりました。刺した本人もその場で自殺しました。
 容疑者の男性は51歳で長期間の引きこもりの状態であり、80代の伯父と伯母と同居していました。

read more

hikikomori_man
環境と経済、どっちを選ぶ?2019.05.25 | 

 昨年からフランスで「イエローベスト(ジャケット)運動」という政府への抗議運動が続いていることを皆さんもお聞きになったことがあるでしょう。昨年11月17日に約30万人のデモがパリで行われ、その後も毎週土曜日に継続して行われています。

read more

demo_strike_shifuku
朝鮮半島問題を見る視点②~3.1独立宣言文に見る普遍的な精神~2019.01.25 | 

 年末年始は、韓国海軍の駆逐艦が、海上自衛隊のP-1哨戒機に対して火器管制レーダー(射撃管制用レーダー)を照射したとされる問題で、両国の主張が真っ向から対立し、日韓関係は一層冷え込みました。
 そのような中、あと一か月ちょっとで3.1独立運動の100周年を迎えます。韓国では3月1日に向けて、北朝鮮の首脳を韓国に招待するという動きもあり、抗日運動の歴史が南北融和をすすめる契機になるかもしれません。

read more

1919030101-1024x458
朝鮮半島問題を見る視点①~イデオロギーとアイデンティティ~2018.12.25 | 

 11月29日に韓国の最高裁が元徴用工らの訴訟で日本企業に賠償を命じた判決を出しました。日本政府の見解としては、元徴用工の請求権問題は1965年の日韓請求権協定によって解決済みという立場であり、日本政府は強硬に抗議しました。
 また、2015年のいわゆる「慰安婦問題」に関する合意に基づいて設立された「和解・癒やし財団」を韓国が一方的に解散したこともあり、日韓関係は一段と冷え込んでいます。

read more

このページのトップへ